ついに完成!!マグアタックさんにロッドの上から下まで、隅から隅まで、まるごと全て監修して頂いたスペシャルロッド!
その名も“パンダチョップスティック”!!!!
どんなロッドかと申しますと話は長くなりますが
まずブランクは、あのストレンジランド菅野氏が温めていた秘蔵のブランク....
“never do things by halves” 
このブランクは当時試行錯誤を繰り返しフィリップソンのバスティマーをイメージして作ったと言う
未発売の幻のロッドで粘りはあるけどダルさはない。
竿先がピタッと止まってブレないんです。
ま~ま~とにかく使ってて飽きない気持ちのいいブランクなんですよコレ!
ストレンジランドファンの私としては、か~なり気になるところです。
さてさて、続いて拘りのグリップですがヘッドキャップの大きさから始まり
握りの太さや長さ、ガイドの数とほとんどのパーツが拘りに拘ったマグアタック臭がぷんぷんする
ちょ~変態ロッドに仕上がっております。
ヘッドキャップですが、この大きさ釣りの歴史上過去最大ってくらいの大きさです。
当時フェニックスのロッドでEVEのデカイのがありましたが、多分それより大きいんじゃないかな(ギネスいけるかも)
ま~そんなに大きいんで、もちろん市販の物は無くコルクを重ねて、くっ付けて、穴あけて、削って
昨今ではコルクも大きくて良い物ってなかなか無くって、コレも探すのに苦労しましたよ
握りもまた中途半端な長さでシングルとセミダブルの間くらいで
ちょ~どいい塩梅のところを何本か作って絶妙な1本を選びました。
細かすぎて絶対わかんないですよね!そんなの
ガイドもマグさんの考えでフィリップソンに最新のガイドコンセプト的な、また無茶を言うんで
これまた、ガイドの位置やら素材やらと、ここも苦労しましたが
ティップをシングルフットのガイドにすることで振り抜けも良くなりと

っと、ここまでの超~面倒で大変な作業をやっていただいたのが知る人ぞ知る
ロッドメイキングの鉄人 R.Tanigo 詳しくは言えませんが凄い人です。
そして、やはり変態です。

この変態2人がこの幻のブランク“never do things”を、どー料理してくれたか
楽しみです、楽しみすぎて早く釣りに行きたい衝動が抑えられないので私は一足先に
近所の川に投げに行ってきます。スミマセン!

ちなみに、お値段 54000円+税とこれでもかなり、か~なり頑張らせて頂きました。
なお本数に限りが御座いますので在庫分がなくなり次第終了とさせて頂きます。
なおなお、まだ全て完成していませんので多少お待ち頂く事もあるのでご了承ください。
なおなおなお、お問い合わせはメールにてお願い致します。

沢山のご注文、ありがとうございました。すべて完売致しました。
null
null
null